1月3日 1時 一言くださった方へ

おそまつさまでした(´▽`*)
楽しんでいただけたようでなによりです(*ノノ)
リッドとファラの、長年連れ添った夫婦のようなやりとりはいつもハートに直撃です。
二人にとってはあくまでも普通というのが、常に驚きを隠せませんけれども。
そろそろ、お年頃の男女らしくいちゃいちゃしてもらいたいものですげへへへ。
一言ありがとうございました、とってもうれしかったです!


  • 2012.01.04




里來様へ

こんばんは、里來様! こちらこそご無沙汰しております。
わああ、よろこんでいただけたようでとってもうれしいです!(*ノノ)
ソラとリクがあまりにかわいく、ぜひ里來様にもご覧になっていただきたくて。
私も新しいディズニーの世界を旅できるのがとっても楽しみです。
ノートルダムの鐘はディズニーとしては異色ともいえるお話なのですが、
ソラとリクに、子ども達に必要なことを与えてくれるのではないかと、勝手に思っております。
そう、たとえ裏切られるとわかっていても…うっうっ、島っ子の冒険が……。
悲しく苦しい習性ですが、これはもう、覚悟を決め通し付き合っていくしかないのでしょうね。
ソラとリクが動いているところを見られるだけで、こんなにも心が踊ってしまうのですもの。
はい、まことに里來様がおっしゃるとおりですとも!
ほんとに、これでカイリが置いてけぼりでなかったら…。
ソラとリクも、カイリを置いていくことなんてこれっぽっちも望んでいないのに、
いったいなぜ! と毎度憤ってしまいます。
第一、三人で外の世界を見に行くと、ずっとずっと前から決めていたのに。
制作者様方のお考えには、決定的なズレがあると気付かれていないとは嘆かわしいかぎり。
島っ子が求めているのは、楽しいことだらけでちょっとスリルもあっちゃう旅だというのに。
でも、きっといつか島っ子の冒険という夢が叶う日が来るのを信じております。
いっそのこと妄想しちゃうのもありかとっ。やっぱ手始めに海賊船ジャックよねうへへへ。
不定期になりますが、お知らせしたい情報がありましたらまた置いときますので、
気が向いたときにでも見てやってくださいな。
久しぶりに里來様とお話ができ、とってもうれしかったです(´▽`*)
同じ世界を好きな方と語り合えるって、ほんとうにしあわせだなあとしみじみ思います。


  • 2011.12.07




8月13日 7時 一言くださった方へ

ようこそいらっしゃいませ! お言葉をいただき、お二人のご結婚のことを知りました。
すてきなニュースを教えくださり、ほんとにありがとうございます。
とてもうれしく、あたたかい気持ちになりました。(´▽`*)
サイトも見て下さりありがとうございます!(*ノノ)
なんともうれしいお言葉に絶賛照れておりますでへでへ。
そんな風景が、私も思い浮かびました。ああ、なんとしあわせな…!
ザックスの行動や考え方を見ていると、ほんとうにいい男だなあとしみじみ思います。
そんな彼がエアリスのところへ戻ろうとする姿もまた、にくくなるくらいかっこよくて。
いえ、だからこそ、二人はまた会えた、と信じることができるのでしょうね。
ザックスがエアリスをこの上なくいとおしく想う気持ちはどんなものよりも強く、
エアリスがザックスに全身で恋している姿は、なんともまぶしく、たからもののようです。
なので、流れた時間くらいでは、ちっとも痛手なんか与えられません。
むしろ、自分の帰る場所はここであり、この人が愛しいのだとより思うのではないでしょうか。
エアリスの、あのかわいくあたたかい笑顔に、ザックスは疲れなんかもふきとんでしまう。
そんな二人のしあわせは、いつまでも続くのだと、手前勝手ながら思っております。
おほめいただき、これほどうれしいことはありません。ほんとうにありがとうございます。
楽しんでいただけてなによりです。おそまつさまでした。(´▽`*)


  • 2011.08.14




8月8日 0時 一言くださった方へ

きゃ、いっしょですね、私達!(*ノノ)
私もリッドとファラが大好きな方にお会いできると、とってもうれしいですっ。(´▽`*)

リッドとファラに会ってからの10年は、もうあっという間でした。
けれども、それほど経ったという気はしないから不思議です。
幼い頃と同じに笑ったり、夫婦の痴話げんかのような言い合いをしたりと、
二人はこれからもずっとそうなのだろうなあと、自然に思えるのです。
ほんとうに、リッドとファラのそんな関係は理想ですよね。
マイソロでも、リッドとファラがいっしょにいるのはあたりまえという空気で、
絶賛リファラヲタ的に大変おいしゅうございましたともっ。
「そういう事情が〜」はシモーヌもすっげモエました…!(*ノノ)
ファラちゃんとチェスターが話しているとこに、いきなり割って入るのですもの。
そしてファラちゃんの恥ずかしい失敗談を、これまた唐突に語り出してどや顔(イメージ)。
やはりあれはやきもちなのでしょうか。と、とんだ独占欲まるだしっぷりですぞこれはっ。
リッドさんてば、ほんとうにファラちゃんしか目に入ってませんよねえにやにや。
そこがリッドさんのいい漢っぷりのひとつなのですけども。

はい、更新がんばります! マイソロ3プレイメモも途中ですみません。orz
見に来て下さり、ほんとうにありがとうございました。(´▽`*)


  • 2011.08.09




さとう様へ

はじめまして、さとう様!(´▽`*)
たくさんのうれしいお言葉に、絶賛床の上をころげまわっておりますひゃー照れるう!(*ノノ)
すごくすごくうれしいです、ほんとうにありがとうございます。
リファラ大好き同士様に読んでいただけて、しあわせ者だなあとしみじみ思っております。
何度もさとうさまのお言葉を読み返させていただいてはにやにやしまくりですでへへへ。

リッドさんとファラちゃんを見ていると、私もしあわせになります!
さとうさまと同じく、二人の間の空気感や距離、想いに、もうめろめろで。
いっしょにいるのがとても自然で、互いをごくあたりまえに大切に思っているリッドとファラが、
いとおしくてしかたないのです。
旅を経て、よりいっそう距離が近くなるのが、たまらなく好きで。
だって、二人が持っている想いが、より深まったということなのですもの。
レグルスの丘に向かうのは、ファラにとってどんなに辛かったことでしょう。
そしてリッドは、それをよくわかっているのです。
けれど、リッドは黙って共に赴き、ファラの自分の傷と引き替えにしてでも世界(大切な人)を守ろうとする姿勢を、受けとめるのです。
旅の前だったら、二人の選択は少し変わっていたのではないでしょうか。
リッドはファラが痛みを受けるのを本能的に嫌がりますし、
ファラはリッドがかばってくれることもあり無意識に傷から意識をそらしてしまう。
二人のそんな人間的な弱さも好きなのですが、前へ進むことを選んだのは、やはり絶対的なお互いへの信頼があったからこそなのです。
リッドとファラの成長と、そんな関係が、もう、好きで好きで!
二人にとってあたりまえな、なおかつ一歩踏み込んだとこを想像せずにいられず、
毎日きゃーきゃー騒ぐばかりです。大好きだー!
さとうさまに楽しんでいただけて、これ以上のしあわせはありません。(*ノノ)
ほんとにほんとにありがとうございます。(´▽`*)

ご質問いただいた件ですが、もちろんよろこんで対応させていただきます。
ひゃああ、なんとも勿体ないお言葉まで…!(*ノノ)きゃ
お手数なのですが、こちらのメルフォかメルアドに、さとうさまのメールアドレスを送信していただけますでしょうか。
折り返し詳細をご連絡させていただきます。

あたたかくうれしいお言葉、ほんとうにありがとうございました。(´▽`*)
さとうさまのお言葉、夏の暑さもふきとんじゃうほどですともっ。とっても元気でました。
これからも楽しんでいただけるよう、シモーヌ絶賛はりきっちゃいますぞっ。


  • 2011.07.19